FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
生産も消費も 回復せず : 8月
2014-10-03-Fri  CATEGORY: 政治・経済
◇ 来年の補正予算では遅い? = 8月の主要な経済指標が出そろったが、肝心の生産と消費は回復しなかった。経済産業省が発表した8月の鉱工業生産は、前月比で1.5%の減少。事前の民間予測を大きく下回った。一般機械工業をはじめ自動車などの輸送機械工業、電気機械工業が軒並み大幅に低下している。さらに出荷が1.9%減少したために、在庫は1.0%増加した。状態はよくない。

総務省が発表した8月の家計調査によると、2人以上世帯の消費支出は平均28万2124円。昨年同月に比べると、実質で4.7%、名目でも0.9%下回った。総務省では「台風や大雨など異常気象の影響が大きかった」と説明している。また、この調査によると、勤労者世帯の実収入は前年より名目で1.6%、実質では5.4%減少した。

消費増税の影響で、4-6月期のGDPは年率7.1%のマイナス成長に落ち込んだ。それが7-9月期には4%程度のプラス成長に回復する、というのが政府の読みである。経産省の予測調査だと、生産は9月に6.0%増加するという。しかし在庫が増大している状況で、そんな伸びが期待できるだろうか。また仮に6%増加したとしても、7-9月期の生産は前期比でプラスにはならないだろう。とすると、GDPの回復も小幅になってしまう。

天候のせいもあったろうが、消費が伸びなかったので在庫が積み上がってしまった。消費が伸びない原因は、家計の実質購買力が低下しているためだろう。厚生労働省が発表した8月の毎月勤労統計でも、現金給与額は1.4%増加したが、物価の上昇で実質値は2.6%の減少となっている。この購買力低下の現象は、天気がよくなっても変わらない。安倍首相は消費税の再引き上げに備えて「来年の国会に補正予算を提出する」方針だが、それでは遅すぎるのではないだろうか。


      ≪2日の日経平均 = 下げ -420.26円≫

      ≪3日の日経平均は? 予想 = 上げ

               ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.