FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
とても気になる 4つの指標
2014-10-10-Fri  CATEGORY: 政治・経済
◇ すべてが景気停滞を示す = 景気の停滞を示す経済指標が、立て続けに発表された。その1は、内閣府が7日発表した8月の景気動向指数。景気の現状を示す一致指数は108.5で、前月を1.4ポイント下回った。数か月先を予想する先行指数も104.0と、前月より1.4ポイント低下している。景気動向指数は、複数の景気指標を総合して指数化したもの。内閣府は景気の基調判断を「足踏み状態」から「下方への局面変化」に引き下げた。

その2は、内閣府が8日発表した9月の景気ウォッチャー調査。スーパーの店長やタクシー運転手に現場の感触を聞く調査だが、現状判断指数は47.4。前月と変わらなかったが、景気の横ばいを表わす50を2か月連続で割り込んだ。企業と雇用の部門で指数は低下している。先行き判断指数も48.7となり、前月より1.7ポイント低下した。

その3は、財務省が8日発表した8月の国際収支状況。経常収支はかろうじて2871億円の黒字だったが、貿易収支は相変わらず8318億円の大赤字。特に輸出が前年比1.0%増と、前月の8.0%増から大きく鈍化した。その4は、IMF(国際通貨基金)が7日発表した日本の成長率見通し。14年の予測は0.9%で、7月に発表した1.6%を大幅に下方修正している。

ちょっと心配な数字が並んだが、政府・日銀は強気の姿勢を崩していない。政府の公式見解である9月の月例経済報告では「一部に弱さもみられるが、景気は緩やかな回復基調を続けている」と判断。黒田日銀総裁も7日の記者会見では「緩やかな回復が続いている」と歩調を合わせた。本当に大丈夫なのだろうか。


      ≪9日の日経平均 = 下げ -117.05円≫

      ≪10日の日経平均は? 予想 = 下げ

              ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.