FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 上げ潮に乗る REIT ⑮
2014-11-08-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ 好ましい地価の緩やかな上昇 = REITにとって、好ましい環境はいろいろある。経済の好況、インフレ傾向、低金利などなど。なかでも重要なのは、地価の上昇だろう。地価が上昇すると、やがて賃料が上がり、REITの収益は増加する。REITの投資先は大都市圏に集中しているから、特に都市部の地価上昇は望ましい。

国土交通省が発表した7月1日時点の基準地価によると、全国平均では住宅地が前年比1.2%、商業地も1.1%の下落だった。ところが3大都市圏に限ってみると、住宅地は0.5%、商業地は1.7%の上昇となっている。住宅地は6年ぶりの上昇、商業地は2年連続の上昇だった。この基準地価からみる限り、REITにとっては好ましい環境になってきたと言えそうだ。

基準地価というのは、都道府県が不動産鑑定士の評価を参考に調べ、国交省が発表する。土地取り引きの際に目安として使われることが多い。3大都市圏の地価上昇は、都市の再開発が盛んになってきたためと考えられる。特に首都圏の場合は、2020年の東京オリンピックを控えて道路建設や大型ビルの新設・建て替えがブームの様相を呈してきた。

このため企業による不動産取り引きも活発になっている。ことし1-6月間の取り引き額は前年比6%増の2兆5000億円に達した。外資や建設会社による取り引きが多いが、REIT法人の購入も少なくない。ただ不動産ブームが高まり地価の上昇が激しくなることは、REITにとっていいことではない。新規投資のコストが上がって、投資効率が下がってしまうからである。

                                (続きは来週サタデー)


      ≪7日の日経平均 = 上げ +87.90円≫

      【今週の日経平均予想 = 2勝2敗】

               ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.