FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2014-10-20-Mon  CATEGORY: 政治・経済
◇ 世界同時株安の症状 = ダウ平均は先週164ドルの値下がり。日経平均は768円の大幅安。ヨーロッパでもドイツ、イギリス、フランスなどの株価が軒並み下落した。アジアなど新興国の株価も値下がりして、世界同時株安の症状をみせている。ただ下値では買い物も入っており、売り一色のパニック状態ではない。

ダウ平均はこれで4週連続の下げ。この間の下げ幅は896ドルに達している。日経平均もやはり4週連続の下げ。下落幅は1789円になった。ことしの高値からみると、ダウ平均が約7%下げたのに対して、日経平均の下げ率は約10%と大きい。またドイツDAXは14.4%と、下げ率がもっと大きくなっている。

最大の原因は、今月下旬のFOMC(公開市場委員会)が近付いてきたこと。FRBはこの会議で量的金融緩和の終了を最終的に決める予定だが、そのあとに控えるのが政策金利の引き上げ。それが経済にどんな影響を与えるかが予測し難いため、市場は極度の神経質に陥っている。そこへヨーロッパの経済不安が重なって、資金が株式市場や商品市場から引き揚げた。今週の株価は下げ止まっても、FOMCの重圧が残るから大きな反発は望めそうにない。

今週は21日に、8月の全産業活動指数。22日に、9月の貿易統計。アメリカでは21日に、9月の中古住宅販売。22日に、9月の消費者物価。23日に、8月のFHFA住宅価格と9月のカンファレンス・ボード景気先行指数。24日に、9月の新築住宅販売。また中国が21日に、9月の鉱工業生産、小売り売上高、固定資産投資と7-9月期のGDP速報値。23日に、HSBC製造業PMI。24日に、主要70都市の住宅価格を発表する。 


       ≪20日の日経平均は? 予想 = 上げ

                ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.