FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
ありがたい ガソリンの値下がり(下)
2014-10-31-Fri  CATEGORY: 政治・経済
◇ しかめっ面は日銀だけ = ガソリンの平均小売り価格は、08年8月に1㍑=185.1円の最高値を付けた。直後に起きたリーマン・ショックで09年1月には106円まで急落。その後は景気回復に歩調を合わせ、11年春からは140-150円で推移した。ことしになって4月の消費増税で160円に跳ね上がり、7月には169.6円でことしの最高値。そこから15週間で7円80銭下がったことになる。

原油価格の上昇は、日本経済にとって大きなマイナス材料になる。火力発電用の輸入燃料が高騰し、電力料金の値上げが相次いだ。企業の競争力を弱め、家計の購買力を低下させたことになる。また石油製品、化学製品の値上がりをもたらし、トラックや漁船の燃料費も増加した。ガソリンの値上がりが家計を圧迫したことは言うまでもない。

自動車の普及率が高い地方には、特に悪影響が及んだ。たとえば福井県の100世帯あたり自動車保有台数は177台で、東京都の3.7倍にのぼる。それだけガソリン高騰の影響は大きいわけだ。8月の統計をみると、新車の販売台数もスーパーの売上高も、大都市圏は前年比プラスなのに地方はマイナスという結果が出ている。

原油価格が下がったために、電力各社は11月と12月の電気料金を値下げする方針。企業にとっても家計にとっても、嬉しいニュースに違いない。そうしたなかで、ひとり渋い顔を見せているのは日銀だ。原油価格の下落は物価を引き下げる方向に働く。すると日銀が目標としている2%の物価上昇が難しくなるからだ。国民と一緒に喜べないのは、やはり日銀の目標それ自体がおかしいことを証明しているように思われる。


      ≪30日の日経平均 = 上げ +104.29円≫

      ≪31日の日経平均は? 予想 = 上げ

                ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.