FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
オバマ大統領 最大の誤算
2014-11-11-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ 経済は好転したのに = オバマ大統領ひきいる民主党が、中間選挙で大敗した。今後はオバマ大統領が、共和党多数の議会に対して大幅に譲歩できるかどうか。もし譲歩できないと、共和党が出した法案を議会が通し、それを大統領が拒否権でつぶすことの繰り返しになってしまうかもしれない。アメリカの政治は動かなくなる恐れがある。

民主党の敗因については、いろいろ取り沙汰されている。オバマ大統領が国民皆保険制度を急ぎすぎたこと。外交や国防の面に現われたハト派的な対応が、国民には優柔不断と映ったことなど。その一方で経済政策面での成果は、予想に反してあまり評価されなかった。オバマ大統領としては、最大の誤算だったに違いない。

オバマ氏が大統領に就任した09年は、前年秋に起こったリーマン・ショックによる不況の真っ最中。当時のGDPは14兆4200億ドルだったが、ことしは16兆ドルを超す。非農業雇用者数は1000万人も増え、失業率は3ポイント低下した。またダウ平均株価は9000ドル弱から1万7000ドルへ、2倍近くの高騰をみせている。

しかし選挙戦ではこうした結果があまり評価されず、かえって「生活は苦しくなった」という不満の声が多く聞かれた。企業の業績は絶好調だが、賃金は上がらない。株価は上がっても、一般庶民には関係がない。だからオバマ政権の経済政策は、金持ちをますます金持ちにしただけだ。こういう有権者の声が、民主党の票を減らした。この現象は、どこかの国の与党にも教訓になるのではないか。


      ≪10日の日経平均 = 下げ -99.85円≫

      ≪11日の日経平均は? 予想 = 上げ

               ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.