FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2014-11-25-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ 投票日までは上がる? = 日経平均は先週133円の値下がり。7-9月期のGDP成長率がマイナスに落ち込んだことに驚き、週初は500円を超える下落となった。その後は解散・総選挙に揺れた永田町を横目で見ながら反発に転じたが、挽回はできなかった。反発の要因は政治動向よりも、日銀やGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の出動に期待したためのようだ。

いちよし証券の調べによると、過去13回の選挙で解散日から投票日の間に株価は12回上げている。また兜町では自民党が勝てば年末の日経平均は1万9000円。もし大勝すれば、来年3月には2万1000円といった予想が早くも飛び交っている。だが一方では、TOPIX(東証株価指数)ベースのPER(株価収益率)が17倍を超えるなど、東京市場の割安感は薄れている。今回はどうなるか。

ダウ平均は先週175ドルの値上がり。終り値は1万7800ドルを超え、またまた史上最高値を更新した。オバマ民主党が中間選挙で敗れたにもかかわらず、実に着実な上昇ぶりだ。その根底には、景気の回復に支えられた企業業績がある。トムソン・ロイター社の集計によると、7-9月期の主要500社の純利益は前年比10%の増加。14年を通しても8%の増益が見込まれるという。

今週は25日に、10月の企業向けサービス価格。28日に、10月の労働力調査、家計調査、消費者物価、鉱工業生産、商業販売統計、住宅着工戸数、自動車生産台数。アメリカでは25日に、7-9月期のGDP改定値、9月のFHFA住宅価格、ケース・シラー住宅価格、11月のカンファレンス・ボード消費者信頼感指数。26日に、10月の新築住宅と中古住宅販売戸数が発表される。


      ≪25日の日経平均は? 予想 = 上げ

               ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.