FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
FRBは 利上げに踏み出すのか? (下)
2014-12-10-Wed  CATEGORY: 政治・経済
◇ 「相当の期間」をどう変えるか = FRBは10月のFOMC(公開市場委員会)で、量的金融緩和の終了を最終的に決めた。次なるステップは金融引き締め、つまり金利の引き上げになることは明らかだ。その時期がいつかに市場の関心は集中し、混乱が起きるかもしれない。そこでFRBは、利上げまでには「相当の期間」を置くと言明。市場の心配を和らげた。

今月16-17日に、FRBはFOMCを開いて金融政策のあり方を検討する。10月以降に発表された経済指標は、予想を上回るものが多い。しかし利上げまでには「相当の期間」を置くと約束したのだから、直ちに利上げというわけにはいかない。と言って「相当の期間」という表現を、そのままにしておくことも難しいだろう。たとえば「適切な期間」といった文言に変えるのだろうか。

11月の雇用統計は、人々が驚くほど改善した。だがFRBのイエレン議長は常々「雇用者数や失業率以外の項目も重視する」と公言している。そこで、たとえば雇用統計のなかの長期失業者数をみると、11月は282万人で前年の404万人から大幅に減少した。だがパートしか見つけられない人は245万人。前年より5万人しか減っていない。

要するにイエレン議長は、長期失業者を重視すれば利上げの機は熟したと言えるし、パートしか見つからない人数を重視すれば条件は整っていないと言えることになる。なかなか巧妙な作戦だ。しかし結果として今月のFOMCでは、利上げの時期について何とか言わなければならない。どんな表現をするのか。そして市場がどう受け止めるのか。円相場にも影響するから、日本の市場も凝視することになる。
      
      ≪9日の日経平均 = 下げ -122.26円≫

      ≪10日の日経平均は? 予想 = 下げ

                ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.