FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2015-02-09-Mon  CATEGORY: 政治・経済
◇ 利上げを警戒するNY = ダウ平均は先週659ドルの値上がり。ただ4日間連騰のあと、金曜日には反落した。その日に発表された1月の雇用統計では、非農業雇用者数が25万7000人も増加。これでFRBによる金利の引き上げ時期が早まるのではないかという警戒感が、市場に広がったためだと分析されている。

だが他にも理由はありそうだ。ギリシャ情勢に対する心配も消し切れない。また企業業績が鈍化してきたことも、大いに気になる動向である。雇用統計は景気の遅行指標だから、1月の結果はそんなに喜べないのかもしれない。これらの原因が重なって、高値警戒感が働いたのだろう。今週はこうしたカベを乗り越えて、あと120ドルに迫った1万8000ドルの大台に迫れるかどうか。

日経平均は先週26円の値下がり。こちらは長期金利が急騰したことにも冷やされた。財務省が行った国債の入札に対して、金融機関の応札が少なく不調に終わったことが原因。なぜ金融機関の応札が少なかったのかは、よく判らない。一方、企業業績の方はアメリカとは違って絶好調を維持している。今週は長期金利の動きと好業績に対する市場の反応に注目が集まるだろう。

今週は9日に、12月の国際収支と1月の消費動向調査、景気ウォッチャー調査。10日に、12月の第3次産業活動指数。12日に、1月の企業物価と12月の機械受注。アメリカでは12日に、1月の小売り売上高。13日に、2月のミシガン大学・消費者信頼感指数。また中国が10日に、1月の消費者物価と生産者物価。EUが13日に、10-12月期のGDP速報を発表する。 


      ≪9日の日経平均は? 予想 = 上げ

               ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.