FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 人手不足の検証 ⑩
2015-02-14-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ 働く女性は増加している = OECD(経済協力開発機構)は今月3日、加盟国の雇用情勢に関する報告書を発表した。このなかで25-54歳の女性の就職率を調査、日本は70.8%で34か国中23番目だったと指摘している。このように国際的に比べてみると、日本の女性の就職率は高いとは言えない。しかし傾向的にみれば、日本の働く女性の数は着実に増加している。

たとえば40年前の1974年当時、女性の就業者数は1879万人だった。それが2004年には2586万人、14年には2750万人に増えている。特に最近の10年間は、男性の就業者数が113万人も減少した。その間に女性の就業者は164万人増えて、男性の減少を十分に補っている。

欧米諸国のなかには女性の就業率が80%を超え、男性との差がない国も少なくない。しかし日本の場合は、まだそこまで行かない。特に25-45歳の女性の就業率が落ち込む特徴があり、グラフにするとMの形になるので、これをM字カーブと呼んでいる。言うまでもなく、これは出産・育児のために離職する人が出るからだ。ただ最近は、このM字の凹みが浅くなってきている。

女性の就業でもう1つ特徴的なのは、非正規労働者が多いことだ。非正規労働者というのは、身分がパート、バイト、派遣、契約、嘱託などの形で働いている人たち。14年12月の労働力調査によると、男性の非正規労働者は649万人で男性雇用者の38%だった。これに対して、女性の非正規労働者は1367万人。全体に占める割合は57.2%で、6割近くに及んでいる。

                                 (続きは来週サタデー)


      ≪13日の日経平均 = 下げ -66.36円≫

      【今週の日経平均予想 = 3勝1敗】

               ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.