FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
ただいま企業業績は絶好調
2015-02-19-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ リーマン前の水準超える = 日経新聞がこれまでに決算を発表した上場企業1520社を集計したところ、昨年4-12月期の経常利益は前年を7%上回る結果となった。今3月期も2.6%の増益になる見通し。自動車や電機が牽引車となって、リーマン・ショック前の最高益だった08年3月期の水準を超えることが確実になった。

製造業が利益のリード役になっている。4-12月期の経常利益をみると、製造業は前年比11.9%と大きく伸びたが、非製造業は0.2%の増益にとどまった。また円安と原油安の影響が、業種によって非常にはっきりした明暗となって現われたことが大きな特徴。自動車・機械類・鉄鋼・化学・造船・建設・運輸はメリットを享受したが、石油・紙パルプ・商社・ガスはデメリットが大きかった。

もう1つの特徴は、昨年10-12月期の増益率が急激に低下したこと。7-9月期の20%増から、10-12月期はわずか1%増に落ち込んでいる。これは原油安のデメリットが一気に現われたため。だが年を越して原油の国際価格も反発に転じており、デメリットも1-3月期にはかなり和らいできている。

企業はこの利益を、何に使おうとしているのか。これも日経新聞の調査によると、この3月期は全体の3割が増配や復配をする方針だという。この結果、株式配当の総額は7兆4000億円に達する見込み。この金額は消費税3%分の税収額に相当する。一方、賃金の方はどうだろう。帝国データバンクが1万社を対象にした調査によると、ことしベースアップすると答えた企業は全体の36.7%だった。


      ≪18日の日経平均 = 上げ +212.08円≫

      ≪19日の日経平均は? 予想 = 下げ

               ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.