FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
地価上昇で 損をする人
2007-08-03-Fri  CATEGORY: 政治・経済
国税庁が発表したことし1月1日現在の路線価。標準宅地の全国平均価格は1平方メートル当たり12万6000円。前年比8.6%、2年連続の上昇だった。3大都市圏ばかりでなく、地方の中核都市にも上昇の波が広がり始めたことが大きな特徴だ。

東京圏の上昇率は13.1%、大阪圏8.1%、名古屋圏9.1%で、いずれも前年の伸び率を大きく上回っている。都道府県別でみると、12都道府県が上昇、横ばいが4県、下落は31県。前回のバブル期には全国で一様に上昇したが、今回は二極化の傾向が鮮明になっている。

地価が上がると、喜ぶ人は多い。だが不動産業の人は別として、ふつう一般の人は自分が住んでいるから、おいそれとは売れない。資産価値が上がって借金の担保価値は上昇するが、だからといって一般の人は借金をするわけでもない。将来の売却価格が上がるだろうと期待しても、その時点の価格が保証されたことにはならない。

路線価というのは、国税庁が相続税や贈与税の算定基準にするため調査し、公表しているもの。だから、ごく一部の人を除けば大半の人にとって、その上昇は“損”になると考えた方が正しい。公示価格も上昇すれば、固定資産税が増えるだけである。ただ地価の下落が止まらない地方の現状は、人口流失などで景気の回復が遅れている証拠。地価は下がった方がいい、というわけでもない。

    ≪2日の日経平均 = 上げ≫

    ≪3日の日経平均は? 予想=上げ

    Please click here ⇒ 人気blogランキングへ



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.