FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 人手不足の検証 ⑫
2015-02-28-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ 5人に1人が働く高齢者 = 労働力調査によると、14年12月時点で働いている65歳以上の高齢者は688万人だった。前年と比べたとき、15-64歳の就業者は16万人減少したが、高齢者は55万人増えている。就業者全体に高齢者が占める割合は10.8%。つまり働いている人の1割強が高齢者というわけだ。

この時点での高齢者の就業率は20.7%となっている。就業率というのは、同年代の人口に占める就業者の割合。高齢者の5人に1人強が働いていることになる。男性は28.9%、女性は14.4%だった。10年前の04年12月時点では、就業率が18.5%。男性が27.9%、女性が11.7%だったから、特に女性の方が大きく上昇している。

高齢者が働いている業種はいろいろだが、特に小売業や飲食業、それに福祉関係に多い。こうした業種の性質とも関係するが、非正規雇用の形態で働く人が7割を超える。なかには1日2時間、週2日だけ働くという人もいる。もちろん正規雇用の形で働きたいと希望する人もいるが、その数は意外に少ない。ある調査によると、正規雇用を希望しているのは全体の8%に過ぎなかった。

国際的に比較してみると、日本の高齢者の就業率はきわめて高い。13年平均のデータでは、日本は20.1%だった。これに対してアメリカは17.7%。ドイツは5.4%、フランスは2.2%という低さ。年をとっても働きたいという日本人と、定年後は遊んで暮らしたいというヨーロッパ人との人生観の違いがはっきり表れているようだ。

                            (続きは来週サタデー)


      ≪27日の日経平均 = 上げ +12.15円≫

      【今週の日経平均予想 = 3勝2敗】

               ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.