FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
減速が止まらない / 中国経済 (下)
2015-03-06-Fri  CATEGORY: 政治・経済
◇ 成長の鈍化を容認する姿勢 = 中国の李克強首相は5日に開幕した全国人民代表大会の冒頭で演説「15年の経済成長目標を7%に引き下げる」ことを正式に表明した。実体経済の鈍化に合わせて目標を下げたもので、大規模な景気対策については全く触れていない。したがって、政府としては現状の成長率低下を容認する姿勢を示した形となっている。

リーマン・ショックで世界が不況に陥った08年、中国は総額4兆元(約60兆円)の景気対策を打ち出し、世界を驚かせた。この対策は効果を発揮して、中国経済はいち早く不況からの脱出に成功した。ところが副作用も大きく、不動産バブルと製造業の過剰設備を発生させてしまった。中国経済は、まだその後遺症に悩んでいる。

李首相は演説のなかで「改革の深化と構造調整がなければ、健全で安定した経済成長は達成し難い」と強調している。具体的には住宅バブルの収束、地方政府の財政再建、老朽化した過剰設備の廃棄、国有企業の生産性向上、そして環境破壊の是正などを念頭に置いたものだ。

もし大規模な景気対策を実施すれば、これらの改革は挫折してしまう。だから小刻みな金利の引き下げなど規模の小さい対策で、7%程度の成長率は確保したいというのが習近平政権の基本的な考え方である。だが、それで経済の鈍化を止めることができるのかどうか。地方財政や国有企業の問題には、政治的な利権もからんでくる。ある意味では、順風満帆にみえる習体制の正念場とも言えるだろう。


      ≪5日の日経平均 = 上げ +48.24円≫

      ≪6日の日経平均は? 予想 = 上げ

               ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.