FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 ―― 円の軌跡 (2)
2007-08-11-Sat  CATEGORY: 政治・経済
2)円と戦争 = 誕生してからの円は、ある意味では戦争に翻弄されたと言っていい。まず1877年(明治10年)の西南戦争。政府が戦費調達のため大量の紙幣を発行したことで、大インフレが発生。円の価値は急落した。この処理をめぐって81年に大隈重信が失脚。大蔵卿となった松方正義が厳しい財政緊縮策を断行したため、日本経済は深刻なデフレに見舞われることとなった。

1882年には、日本銀行が設立された。85年から日本銀行券の発行が始まったが、この日本最初の日銀券にはなんと蒟蒻(こんにゃく)が含まれていたため、虫やねずみに食い荒らされて困ったと伝えられる。いろいろ流通していた各種の紙幣が回収され、日銀券だけに統一されたのは、1899年のことだった。

その直前の1897年(明治30年)に、貨幣法が成立。日清戦争の賠償金を紙幣の兌換準備に充てることで、本格的な金本位制が確立した。紙幣を日銀に持って行けば、同価値の金と交換できるという制度である。ただ、このとき1円=金750ミリグラムに改定されたので、1円の重みは当初の半分となった。

この金本位制、つまり紙幣の兌換制度は、1917年(大正6年)に停止された。第一次世界大戦が勃発したためである。その後、1930年(昭和5年)になって復活したが、翌31年には再び停止されてしまった。不幸なことに世界大恐慌が起り、金本位制を取り続けていた日本から、たとえば2か月間で現在の価格にして10兆円もの金が海外に流失。これに耐えられなかった。

                  (続きは来週サタデー)

    ≪10日の日経平均 = 下げ≫

    【今週の日経平均予想 = 4勝1敗】

    Please click here ⇒ 人気blogランキングへ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.