FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 人手不足の検証 ⑮
2015-03-21-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ 技能実習制度を拡充 = 政府は技能実習制度を拡充して、外国人労働者の誘致を促進することになった。まず実習生の受け入れ期間を現行の3年から5年に延長。現在69ある対象職種に介護、林業、自動車整備、自動車運転手などを追加する。この制度は「日本の技術を途上国に移転する目的」で、1993年にスタートした。現在15万人の実習生が働いている。

しかし、この実習制度の拡充には大きな問題がある。たとえば団塊世代が75歳に達する25年には、介護職員が30万人も不足すると試算されている。だから実習制度に介護職を追加したというのが、政府の言い分だ。応募者を増やすために、日本語の能力検定も一段階引き下げるという。だが介護にいちばん必要なのは、コミュニケーションだろう。言葉がよく通じなくても、いいのだろうか。

介護については、現在でもEPA(経済連携協定)を通じた外国人の雇用制度がある。ベトナム、フィリピン、インドネシアの3国から、看護師の資格を持つ人をこれまでに1500人受け入れた。しかし大半の人が途中で帰国してしまい、この制度は定着したとは言えない。帰国の理由はいろいろだが、日本語がネックになったケースが多いといわれる。

技能実習制度に応募して来日した外国人労働者は、いま製造業や農業などの分野で働いている。そこで得た知識や技能を本国に持ち帰る。これが制度の本来の目的だ。ところが介護は初めての対人サービス分野。コミュニケーションがうまくできないと、結局は掃除とか洗濯などの単純労働に追いやられてしまう懸念が大きい。

                                  (続きは来週サタデー)


      ≪20日の日経平均 = 上げ +83.66円≫

      【今週の日経平均予想 = 3勝2敗】

               ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.