FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
拡大する原油安の恩恵 : 貿易収支
2015-03-19-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ 輸入燃料費が激減 = 財務省は18日、2月の貿易統計を発表した。それによると、輸出は5兆9400億円で前年比2.4%の増加。輸入は6兆3700億円で3.6%の減少となった。この結果、貿易収支は4200億円の赤字。32か月連続の赤字を記録したが、赤字幅は昨年2月より47.3%も縮小した。最大の原因は、原油価格の値下がりで輸入燃料費が激減したことにある。

輸出は円安の効果もあって、わずかながら増加した。アメリカ向けは前年比で14.3%増えたが、成長率が下降している中国向けは17.3%の減少。全体として伸び方は、予想より小幅なものにとどまった。一方、輸入面では、鉱物性燃料の輸入額が1兆5800億円。前年比では35.6%も減少した。

燃料の輸入を数量ベースでみると、たとえば原油・粗油は11.6%減少したが、LNG(液化天然ガス)は2.9%増加するなど、全体として数量は前年とあまり変わっていない。しかし価格ベースでは、原油・粗油が54.8%の減少。LNGも5.2%減少した。これは言うまでもなく、原油の国際価格が急落したためである。

燃料の輸入価格は、1月にも前年比24.4%減少した。2月はさらに減少率が拡大。昨年2月に比べると、金額で9000億円も少なくなっている。それだけ海外へ流出するおカネが減ったわけで、景気に対するプラス効果はきわめて大きい。原油の国際価格は、まだ1バレル=50ドルを割る状態が続いている。しばらくは原油安の景気刺激効果が続くと期待していいだろう。


      ≪18日の日経平均 = 上げ +107.48円≫

      ≪19日の日経平均は? 予想 = 上げ

              ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.