FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 破綻した 太陽光政策 ①
2015-04-04-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ 制度設計の完全な失敗 = 原油価格の暴落で、ガソリンの小売り価格は大幅に値下がりした。ところが輸入燃料価格が下落したにもかかわらず、電気料金は上昇している。なぜ、こんな不可解な現象が起こるのか。元凶は12年7月に導入された、電力会社による再生エネルギー発電の強制買い取り制度。政府の制度設計が欠陥だらけだった。

この制度は、太陽光や風力、地熱など自然エネルギーを利用した発電の普及を目指した政策。企業や家庭が再生エネルギーで生産した電力を、国が保証して電力会社に買い取らせる。だから企業や家庭は安心して、新エネルギー発電に参入できる。これが政策の基本的な発想であり、その考え方は決して悪いものではなかった。

ところが具体的な細部の決め方が、いかにも杜撰すぎた。まず太陽光発電の買い取り価格を異常に高い水準に設定したこと。次にその価格を長期にわたって変えないと保証したこと。さらに経済産業省が発電設備を認定した時点で、これらの契約が発効すると定めたことである。

その結果、経産省には太陽l光発電の認定申請が殺到。一部の電力会社が送電線の不足を理由に、買い取りを拒否する事態も持ち上がった。また認定された権利のヤミ売買事件が発生。さらに電力会社が買い取りコストを料金に上乗せすることから、電気料金が上昇してしまう。今回はこうした政府の制度設計ミスを検証しながら、日本のエネルギー問題を考えて行こう。

                            (続きは来週サタデー)


      ≪3日の日経平均 = 上げ +122.29円≫

      【今週の日経平均予想 = 2勝3敗】

               ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.