FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
八方美人の 経産省 : 30年の電源構成
2015-04-09-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ 根拠に乏しい机上の作文 = 火力、水力、原子力、太陽光、風力・・・など。電力はいろいろなエネルギー源から発電されている。これらを電源と言い、その最も好ましい比率を電源のベスト・ミックスと呼んでいる。エネルギー計画を策定する際に基本的な目標となるもので、きわめて重要な指針だと言っていい。

経済産業省が30年時点の電源ベスト・ミックスについての考え方をまとめた、と新聞各紙が報じた。それによると、原子力発電の比率は21-22%。太陽光など再生可能エネルギーは23-25%にする。経産相の諮問機関である総合資源エネルギー調査会で議論し、4月中には結論をまとめる方針だという。

一見すると、バランスはとれている。原発抑制論に対しては「再生エネルギーより少ないですよ」と言い、再生エネルギー促進論に対しては「原発より多いじゃないですか」と説得できるように設計されている。だが30年に、原発はそんなに動かせるのか。この肝心な点が抜け落ちているから、単なる八方美人的な作文に見えてしまう。

原子力規制委員会は、まだ安全認定を2基の原発にしか出していない。今後の審査で、いったい何基の原発が合格するのか。全く未知数だ。それなのに原発の比率を21-22%などと、どうして決められるのだろう。将来この矛盾が問題化したとき、経産省は「あれは有識者の調査会がお決めになったこと」と逃げるに決まっている。

      ≪8日の日経平均 = 上げ +149.27円≫

      ≪9日の日経平均は? 予想 = 上げ


               ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.