FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2015-04-13-Mon  CATEGORY: 政治・経済
◇ 拍手→溜め息→そして? = 日経平均は先週10日、商い開始直後に2万円の大台に乗った。その瞬間、証券会社のディーリング・ルームでは一斉に拍手が起きる。だが株価はすぐに反落して、こんどは溜め息に変わった。そして今後の見通しについては強弱まちまち。年内2万2000円説も出れば、いったんは大きく調整するという声も。

結局、先週の日経平均は472円の値上がり。終り値は2万円を100円ほど割り込んだ。それでも、ことしになってからの上げ幅は2500円を超えている。円安と原油安が企業の好業績を呼び、賃上げが広く中小企業にも浸透すれば、内需の拡大につながる。これが2万2000円説のシナリオだ。少なくとも大企業の業績は、16年3月期も2ケタ増益になるという見通しが定着している。

これに対して調整説は、値上がりが早すぎた点を警戒する。またギリシャや中国などの海外情勢。特にアメリカの景気動向を心配しているようだ。ダウ平均は先週294ドル値上がり。ヨーロッパや中国、日本の株高を好感しての上昇だった。ただ依然としてFRBによる利上げ問題が、行く手に見え隠れする。企業業績も頭打ち状態で、積極的に株価を引き上げる要因は見当たらない。

今週は13日に、3月の企業物価と2月の機械受注。17日に、3月の消費者態度指数。アメリカでは14日に、3月の小売り売上高と生産者物価。15日に、3月の工業生産と4月のNAHB住宅市場指数。16日に、3月の住宅着工戸数。17日に、3月の消費者物価、カンファレンス・ボード景気先行指数、4月のミシガン大学・消費者信頼感指数。また中国が13日に、3月の貿易統計。15日に、1-3月期のGDP速報、3月の鉱工業生産、小売り売上高、固定資産投資額を発表する。

      ≪13日の日経平均は? 予想 = 上げ


               ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.