FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
株価2万円 と 新聞3紙
2015-04-14-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ 株高に対する評価に大差 = 日経平均株価が10日、一時15年ぶりに2万円の大台を回復した。あくる11日の朝刊で新聞各紙はこの出来事を大々的に報じたが、その姿勢には何とも言えない差異があって面白かった。まず読売新聞は1面トップで「株 今年2500円上昇」と、大きな扱い。ほかの面でも解説や与党の受け止め方まで、きわめて詳細に報道している。

解説の見出しは「個人や海外 投資活発」「景気好循環 期待の声」「デフレ脱却の兆し」など。ここからも判るように、株価の上昇を高く評価した紙面作りをしている。与党の反響は「政権浮揚につながる」。また市場関係者の「年末にかけ2万2000円」という予想記事も大きく掲載した。きわめて好意的な姿勢と言えるだろう。

対照的だったのは朝日新聞。1面に記事はなく、2面と社会面で処理している。2面の見出しは「公的マネー、株高下支え」「消費への好影響 限定的」。社会面は「熱気なき 株価2万円」。円安と原油安で株価は上がったが、中小企業や株を持たない個人には恩恵が及びにくい。公的年金や日銀が下支えする不健全な相場という批判もあると書いている。

その中間が日経新聞。1面の脇トップで「2年半で2.3倍 世界で突出」と、安倍政権になってからの株高を暗に強調した。ただ同時に「急ピッチ 警戒感も」と、やや速すぎる株高に警鐘を鳴らすことも忘れない。読売が自民党、朝日が民主党、日経が財界を代弁した。と言ってしまえばそれまでだが・・・。

      ≪13日の日経平均 = 下げ -2.17円≫

      ≪14日の日経平均は? 予想 = 上げ


               ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング               
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.