FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2015-05-11-Mon  CATEGORY: 政治・経済
◇ イエレン議長の警告 = ニューヨーク株式市場は冷水を浴びたあと、温水プールに浸かって一息ついた。冷水はイエレンFRB議長が6日に発した警告めいた一言。アメリカの株式市場について「かなり高い水準にある」と論評した。FRB議長としては異例とも言えるストレートな発言である。そのあと8日に発表された4月の雇用統計が堅調さを取り戻したため、株価は大幅に反発した。

イエレン議長の発言は、連休明けのタイミングで東京市場に伝わった。その半面、雇用統計の方は土曜日にならないと判明しない。このため日経平均は先週、2営業日で152円の値下がりとなった。逆にダウ平均は週間167ドルの値上がり。こうした時差の要因から、今週の東京市場は反発のエネルギーを抱えて始まることになる。

イギリスの総選挙は、予想に反してキャメロン首相が率いる保守党が単独過半数を獲得した。この結果、当面はイギリスの政局を心配する必要はなくなった。国際情勢で残るのはギリシャ問題。今週11日にはユーロ圏の財務相会議が開かれる。この場でギリシャ側が十分な財政再建案を提示できないと、またまたギリシャ発の金融不安が再燃するだろう。

今週は12日に、3月の景気動向指数。13日に、3月の国際収支と4月の景気ウォッチャー調査。15日に、4月の企業物価と消費者態度指数。アメリカでは13日に、4月の小売り売上高。14日に、4月の生産者物価。15日に、4月の工業生産と5月のミシガン大学・消費者信頼感指数。また中国が13日に、4月の鉱工業生産、小売り売上高、固定資産投資額。EUが13日に、1-3月期のGDP速報を発表する。

      ≪11日の日経平均は? 予想 = 上げ


                ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.