FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 破綻した 太陽光政策 ⑦
2015-05-16-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ 根拠のない電源構成案 = 経済産業省は4月末「2030年の望ましい電源構成」案を公表した。それによると、原子力は全体の20-22%、再生可能エネルギーは22-24%となっている。再生エネルギーのうち太陽光は7.0%、風力は1.7%など。電源構成というのは、このように電力をどのエネルギーでどれだけ賄うかを示すもの。長期エネルギー計画の土台になる重要な指針だ。

東日本大震災の前、10年度の電源構成は原子力が29%、水力を含めた再生エネルギーが10%だった。したがって30年には、原子力が約3分の2に減り、再生エネルギーは2倍以上に増える。原発に批判的な人にも、再生エネルギー推進論者にも配慮した、一見よさそうな案にみえないこともない。

ところが、30年にこうした電源構成が実現する根拠は皆無と言っていい。たとえば30年に何基の原発が動いているのか。現状では全く予想しがたい。太陽光発電についても、電力会社による強制買い取り制度が破綻したため、30年の発電量を想定することは困難になってしまった。

先が全く見えないにもかかわらず、経産省はなぜこんな根拠のない電源構成案を作成したのだろうか。それは6月のG7(先進7か国)首脳会議に出席する安倍首相が、温暖化防止対策として日本のCO2削減計画を報告しなければならないためだ。削減計画は電源構成が決まらなければ作成できない。だからムリヤリ構成案を作ったが、安倍首相は根拠のない構成案を基にしたCO2削減案を国際的に約束することになる。

                            (続きは来週サタデー)

      ≪15日の日経平均 = 上げ +162.68円≫

      【今週の日経平均予想 = 3勝2敗】    


               ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.