FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
大田弘子大臣への質問状(下)
2007-08-10-Fri  CATEGORY: 政治・経済
デフレという言葉には、不況の意味が込められる場合もないではありません。物価が下がる原因はいろいろですが、需要の不足も大きな原因の1つです。需要不足は景気を悪くし、同時に物価を引き下げることがあるため、デフレ=不況という感覚が生じるのでしょう。

いまの日本経済は2%程度の成長ながら、拡大しています。ですから不況ではありません。貴女も7日の月例報告で「景気の回復は続いている」と報告された通りです。ただ貴女のこれまでの言動からは、もしかして「いつまた不況になるか心配」というニュアンスも感じられます。しかし景気回復が無限に続くことはありえません。そんなことを心配していたのでは、インフレにでもならなければ、デフレ脱却などは永久に宣言できないでしょう。

ふつうの国民は、景気が上向きである限り、物価は安い方がいいと考えています。この立場からみると、貴女の発言は物価は上がった方がいい、というように受け取れます。これは、どう考えてもおかしい。この辺でデフレ警戒論は、お止めになったらいかがですか。

もし日銀の利上げを牽制するのが目的でしたら、表現を変えていただきたい。貴女がいつまでもデフレ警戒論に固執していると、国民は日本経済の実態に無用の不安を感じるでしょう。外国人からみれば、日本政府は経済の先行きに自信がないと映るだけです。安倍内閣では最高の経済通である貴女。ご自身の発言の心理的な副作用についても、ぜひお考えください。   敬具

    ≪9日の日経平均 =上げ≫

    ≪10日の日経平均は? 予想=下げ

    Please click here ⇒ 人気blogランキングへ

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.