FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
華やいだ 東京株式市場
2015-05-26-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ 強気派が台頭した理由 = 株価は7日間の連騰で、15年ぶりの高値を回復した。東証1部の時価総額は、バブル時の水準に肩を並べた。市場の空気は一気に明るさを増し、株価は「2万2000円」とか「2万2500円」とかの予想も飛び交っている。株価を押し上げ、強気の予想を育んだ原因はなんだろう。

最大の原因は、絶好調の企業業績。日経新聞の集計によると、上場企業の15年3月期の純利益は前期比7%の増加。金融危機前に最高益を出した08年3月期の水準を上回り、7年ぶりに記録を更新した。さらに16年3月期も13%の増益が見込まれている。こうした増益の結果、株価が上昇したにもかかわらずPER(株価収益率)はむしろ低下している。

PERというのは、一株当たり利益の何倍まで買われているかを示す数字。たとえば3月末時点のPERは18倍を超えていた。それが4月には16倍台に落ち、その後の株高でもまだ17倍前後にとどまっている。アメリカの20倍、ドイツの17倍に比べても、決して高い水準ではない。それだけ日本株の割高感は薄まり、安心して買えることになる。

もう1つの原因は、当分は円安が持続するという予想。アメリカの利上げは年内に実施されるという見方が強く、この状況が続く限りは、円相場が大きく円高に振れることはない。さらに消費増税の副作用がなくなり、日本の景気は上昇期に入るという見方も株価を支えている。ギリシャや中国から悪いニュースが伝えられない限り、株価2万2000円はそう遠くないうちに達成されるだろう。

      ≪25日の日経平均 = 上げ +149.36円≫

      ≪26日の日経平均は? 予想 = 下げ≫ 


               ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.