FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
税収額は54兆円に? : 14年度
2015-06-11-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ バブル期以来の高水準 = 14年度の税収見込みが、大きく上振れしてきた。財務省の発表によると、4月末までの税収は累計で44兆8000億円。昨年同期を12.5%上回っている。このあと5月には3月期決算の法人税収が加わるので、最終的な税収額は54兆円に達しそうだ。そうなれば、バブル期だった91年度の59兆円以来の高い税収額ということになる。

4月までの累計でみると、所得税が昨年同期より8.2%の増加。法人税は14.8%、消費税は30.9%の増加となっている。いずれも景気の回復を反映した結果と言えるだろう。特に法人税は、これから3月期決算の企業による納税が加算される。昨年5月の場合をみても、7兆1000億円が追加された。14年度は企業収益が13年度より大幅に伸びているから、10兆円を超える税収増加も期待できる。

補正も含めた14年度予算の税収額は51兆7260億円。したがって仮に税収額が54兆円に達すれば、2兆3000億円の自然増収が生じることになる。降って湧いたようなこの原資を、どう使うのかが今後の議論になるだろう。今回の税収増加をみれば「景気をよくすれば税収も増える」という積極派の声が強まりそうだ。しかし景気は他の要因によっても、下降に転じることがある。そのときに備えて、財政の負担を軽減しておくことが大切だ。

たとえば、いま長期金利が上昇しつつある。国の借金は、国債も含めて1000兆円に達した。もし金利が0.5%上がれば、国の利払い負担は5兆円も増加してしまう。こうしたことを考えれば、2-3兆円の自然増収で浮かれてはいられない。今後の財政政策に関する安倍内閣の姿勢を注視しよう。

      ≪10日の日経平均 = 下げ -49.94円≫

      ≪11日の日経平均は? 予想 = 上げ


               ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.