FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
弱気になった 日本銀行
2015-06-23-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ 決定会合の回数を減らす = 日本銀行は金融政策決定会合の開催日を、来年から年8回に減らすと発表した。金融政策決定会合は、金利や量的緩和など重要な金融政策を決める意思決定の最高機関。最近は年14回開いていたから、大幅な削減となる。理由はアメリカやヨーロッパの主要国が8回なので、それに合わせるのだという。

日本銀行法施行令には「1か月に2回の招集を常例とする」と定められている。しかし、ここ2-3年の実績は年14回程度となっていた。それを今回は、施行令まで改正して8回にする。そこまでして開催日数を欧米並みにする理由が、どうもよく判らない。この決定会合のあと、日銀総裁は記者会見で見解を発表する。会合の回数が減れば総裁の会見も減り、それだけ日銀は情報発信のチャンスを失うことになる。

この点について日銀は、これまで1か月後に公表してきた会合の議事要旨を1週間後の公表に早めるなど、情報の内容を濃くして対応すると説明した。しかし回数を減らさなくとも、情報の濃密化はできるはず。この論理も、きわめて理解しにくい。国民の立場からすれば、情報の発信は回数が多く濃密であることに越したことはない。

日銀は2年前から、金融政策の目標を“2%の物価上昇”に置いてきた。ところが物価はなかなか上昇せず、黒田総裁は「目標達成に向かってはいるが、まだ時間がかかりそう」という見解表明を繰り返すばかり。しかも物価の上昇がなくても、景気は好転。日銀の政策目標は影を薄くしている。こんな状態での総裁会見は少ない方がいい。決定会合を縮小した背景には、こんな日銀の弱気があった?

      ≪22日の日経平均 = 上げ +253.95円≫

      ≪23日の日経平均は? 予想 = 上げ


               ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.