FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
内需・外需 ともに好調 : 企業収益
2015-06-24-Wed  CATEGORY: 政治・経済
◇ 投資意欲は強まる = 日経新聞が上場企業1459社の3月期決算を集計したところによると、単独ベースの経常利益は17兆4297億円で過去最高を記録した。前年比では9%の増益。また税引き後の利益は12兆4234億円で、前年を8%上回っている。景気の回復を受けて絶好調と言える企業業績が、数字の面でも最終的に裏付けられたわけだ。

大きな特徴は、外需関連企業も内需関連企業も利益を増大していること。外需関連については円安、外需関連については原油安や訪日外国人の増加が大きく貢献した。最大の利益をあげたのはトヨタ自動車だが、第2位はKDDI。第3位は日産自動車、第4位はJR東海というように、外需関連と内需関連の企業が交互に並んでいる。

企業はこの膨大な利益をどう使うのか。各種の調査をみると、経営者の関心は投資に向いているようだ。この投資には一般的な設備投資や研究開発投資のほか、内外での企業買収も含まれる。また従業員に対するボーナスという形での配分、株主に対する配当や優待策の拡充を検討している企業も多い。かつてのように内部留保を積み増そうと考える経営者は、目立って少なくなったようだ。

こうした傾向は、株価を押し上げる強力な材料である。ただ当面は、ギリシャと中国の問題が重石となって市場にのしかかっている。このうちギリシャ問題には明るさが見えたため、株価は一時的に上昇した。中国の問題を見極めるのには少し時間がかかりそうだが、これもクリアできれば株価は再上昇の軌道に乗る。

      ≪23日の日経平均 = 上げ +381.23円≫

      ≪24日の日経平均は? 予想 = 上げ


               ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.