FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
景気はいいのか、悪いのか?
2007-08-14-Tue  CATEGORY: 政治・経済
内閣府が13日発表した4-6月期のGDP(国内総生産)速報。実質成長率は年率換算で0.5%だった。1-3月期の3.2%に比べると、大幅な鈍化。ゼロ成長すれすれの低空飛行に戻ってしまった。企業の設備投資は4.9%増と健闘したが、個人消費、住宅投資、輸出が振るわなかった。

昨年秋以降の推移をみると、10-12月期が5.4%、1-3月期が3.2%だったから、成長率は急降下した形になっている。じっさい4-6月期の景気はかなりスローダウンしたように感じられたが、この数字はその感じを裏付けるものとなった。まだマイナスにまでは落ち込んでいないが、ほとんどゼロ成長だったわけである。

ところが、同じ内閣府が作成する景気動向指数は、逆の動きをしている。動向指数は毎月の数字で表わされ、50%を超えると景気は上向き。また数字が大きいほど、景気上昇の力が強いことを示すように作られている。昨年10-12月は毎月54-68%の間、したがってGDPの5.4%とよく対応していた。本年1-3月は9-27の間に下がり、GDPも3.2%に減速した。

しかし4-6月の動向指数は、60-77%という高さ。昨年10-12月よりもかなり高い。にもかかわらず、GDPはわずか0.5%へと急減した。GDPは経済活動の結果を最終的に示す指標。動向指数は景気変動の山と谷を決めるのにも使われる指標。きわめて重要な2つの指標が、逆のことを告げている。景気はいいのか、悪いのか? 内閣府は説明すべきだろう。

    ≪13日の日経平均 =上げ≫

    ≪14日の日経平均は? 予想=上げ

    Please click here ⇒ 人気blogランキングへ





ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.