FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 破綻した 太陽光政策 ⑰
2015-07-25-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ 太陽光は政策的に抑制 = 資源エネルギー庁の発表によると、ことし3月末時点の再生エネルギー発電容量は1876万㌔㍗。このうち太陽光発電は1811万㌔㍗だった。また認定を受けた設備の発電容量は8768万㌔㍗、そのうち太陽光は8263万㌔㍗に達している。相変わらず太陽光発電の伸びが大きく、風力や地熱などはあまり増えていない。

太陽光発電の伸びが大きいのは、政府が設定した電力会社による買い取り価格が高すぎたためだ。だが買い取り価格は電力料金に上乗せされるから、こんな調子で太陽光発電が成長を続けると、たとえば家庭向けの電気料金は月額1万円を突破してしまう。それでは大変だというので、経産省はやっと太陽光発電を抑制するための政策を検討し始めた。来年の通常国会に改正法案を提出するという。

たとえば電力会社による買い取り価格の大幅引き下げ、買い取り量の上限設定。あるいは電力会社と契約できた案件だけ認可する方法、入札制にして安い電気から買い取る方法など。いずれにしても、これまでは太陽光の普及に焦点を当ててきた政策が百八十度の転換を遂げることは間違いない。

再生エネルギーによる発電を電力会社に強制買い取りさせる制度は、ちょうど3年前の7月から導入された。そのとき経産省が太陽光発電の普及だけを考えて、世界的にも異常と思われた高い買い取り価格を設定したのが、大間違いの始まり。その結果、いま日本のエネルギー政策は身動きが取れない状態に陥ってしまった。

      ≪24日の日経平均 = 下げ -139.42円≫

      【今週の日経平均予想 = 4勝0敗】  


               ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.