FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
「平均寿命」は 時代遅れ
2015-08-07-Fri  CATEGORY: 政治・経済
◇ 健康寿命を重視しよう = 厚生労働省は先週、14年の日本人の平均寿命を発表した。それによると、女性の平均寿命は86.83歳で、3年連続して世界1位。男性は80.50歳で、世界3位だった。前年に比べて女性は0.22歳、男性は0.29歳延びている。医療や衛生面の充実が貢献した。

平均寿命というのは、その年に生まれたゼロ歳児が平均で何歳まで生きるかを推計した数字。日本人の平均寿命は戦後からほぼ一貫して延びており、女性は1984年に、男性は2013年に80歳を超えている。こうした平均寿命の伸長はその国の文明度を反映するもので、歓迎していい現象だ。しかし、そろそろ健康寿命をより重視すべき時代に入ったのではないだろうか。

健康寿命というのは、介護などを必要とせずに自力で生活できる年齢の限界。13年の健康寿命は女性が74.21歳、男性が71.19歳だった。平均寿命との差は、男女ともに10年前後ある。つまり、この差は介護などを必要とする期間。健康寿命を延ばして、この差を縮小できれば幸福なお年寄りが増える。また医療費の節減にもつながり、国や自治体の財政負担も軽減される。

ところが厚労省は、健康寿命の推計を3年ごとにしか行っていない。これを毎年行い、地域ごとの成績も発表したらいい。健康寿命の長い地域の原因を研究して、他の地域も参考にする。こうして、さらに健康なお年寄りを増やす。平均寿命が世界第何位というより、国民はこちらの推計値に大きな関心を寄せるに違いない。

      ≪6日の日経平均 = 上げ +50.38円≫

      ≪7日の日経平均は? 予想 = 下げ


                ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.