FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
消費の拡大は見込みにくい (下)
2015-10-08-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ 株価下落の影響も大きい = 総務省が発表した8月の家計調査によると、2人以上世帯の実質消費支出は前年比2.9%の増加だった。この程度の伸びが持続すれば、景気も上向く。だが8月の支出増加は、前半の猛暑による一時的な現象だった。じっさい、エアコンが81.6%、ウナギのかば焼きも60.0%の売れ行き増加を記録した。あとはむしろ冷夏で、消費は尻すぼみに終わっている。

一方、経済産業省の商業動態統計をみると、8月の小売り業販売額は前年比0.8%の増加だった。この販売額は前年が消費税引き上げ後の買い控え期に当たっていたため、ことしの4月からはずっと増加に転じていた。ところが4月の4.9%増から増加率はしだいに縮小。8月には、とうとう1%を割り込んでしまった。

日本チェーンストア協会の集計によると、8月のスーパーの売り上げ高は前年比2.0%増加した。だが、この前年比も消費増税の影響によるところが大きい。また青果や精肉の値上がりで、消費者はやむなく出費を増やしている。現場の感覚では、消費者はむしろ節約志向を強めているという。その背景には、株価の大幅な下落も影響していそうだ。

いまの日本経済は、八方塞がりの状態に入りつつある。企業の業績はピークを越え、設備投資の意欲もそう強くない。中国をはじめとする世界経済全体の不調で、輸出の伸びも鈍い。そんななかで、頼みの綱は個人消費だけ。しかし、その個人消費にも元気がない。「一にも二にも三にも経済」と、言っているだけでは済まない状況だと思われるのだが・・・。

      ≪7日の日経平均 = 上げ +136.88円≫

      ≪8日の日経平均は? 予想 = 上げ


                ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.