FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
経済閣僚の人選に注目
2007-08-24-Fri  CATEGORY: 政治・経済
安倍首相は27日、内閣を改造する。参院選で大敗し、参議院の主導権を民主党に奪われたあとだけに、どういう布陣で態勢の立て直しを図るのか。党3役をはじめ主要閣僚の人選に注目が集まっている。いまの経済状態から考えると、特に経済関係閣僚の人選はきわめて重要だ。

まずは世界の経済情勢。サブプライムの焦げ付きに端を発した信用収縮の危機は、ひとまず乗り切ったとみていい。しかしアメリカの実体経済に対する影響は、これから出てくる。その程度はまだ誰にも判らない、というのが事実だろう。仮に影響が大きく出てアメリカの景気が落ち込んだ場合、日本にもかなりの衝撃波がやってくる。

もちろん、その可能性が大きいとは思わないが、最悪の事態に備えておくことは重要だ。日本は金融面からの対策を、ほとんど期待できない。財政面からの対策は法律が必要であり、時間がかかる。そうした制約のなかで、どう対処するのか。さっそくに検討し、準備するのが経済閣僚の役割である。

次に国内面では、経済政策の目標を早急に再構築する必要がある。これまで安倍内閣が掲げてきた「成長による財政再建」は、消費税問題ひとつをとっても実現には明らかなカベが出現してしまった。新しい目標と達成のための道筋を考えないと、来年度予算の編成までが無責任なものとなってしまうだろう。こうした問題にリーダーシップをとれる人を、閣僚に選んでもらいたいものだ。

    ≪23日の日経平均 = 上げ≫

    ≪24日の日経平均は? 予想=上げ

    Please click here ⇒ 人気blogランキングへ



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.