FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2015-10-12-Mon  CATEGORY: 政治・経済
◇ 続伸する力があるのかどうか = 株式市場は、ようやく落ち着きを取り戻した。日経平均は先週714円の値上がり。ダウ平均も612ドルと大幅に反騰した。日経平均は約1か月前、ダウ平均は2か月半前の水準に戻している。しかし特別な買い材料が出現したわけではない。8月から9月にかけて大きく下げたことへの反動、下げ過ぎ訂正という感じが強い。

中国経済の変調、フォルクスワーゲン不正事件、そしてアメリカの利上げ――この3つの要因が重なり合って、8月から9月にかけて株価を引き下げた。このうち中国とフォルクスワーゲンの状況は、ほとんど変わっていない。利上げは延期の公算が高まったが、まだ12月の可能性が消えたわけではない。それでも株価が大きく反騰したのは、時間がショックを冷却したからだろう。

アメリカでも日本でも、むしろ実体経済は波乱含みになっている。アメリカでは雇用状況が格段に悪化してきたし、企業の業績予想も下向きに変わってきた。日本も生産や輸出が伸び悩み、企業業績もピークを過ぎている。こうした状況のなかで、株価はまだ続伸するエネルギーを保持しているのか。今週はその力を問われることになるだろう。

今週は13日に、9月の消費者態度指数。14日に、9月の企業物価。15日に、8月の第3次産業活動指数。アメリカでは14日に、9月の小売り売上高と生産者物価。15日に、9月の消費者物価。16日に、9月の工業生産と10月のミシガン大学・消費者信頼感指数。また中国では13日に、9月の貿易統計。14日に、9月の消費者物価と生産者物価が発表される。

      ≪13日の日経平均は? 予想 = 下げ≫ 


                 ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

                
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.