FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今を見るか、先を読むか : 郵政3社 (上)
2015-10-29-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ 来週4日に上場・売り出し = 日本郵政グループ3社の株式が11月4日に、同時上場され売り出される。親子関係にある3社が同時に上場されるのは、世界でも珍しい。売り出し価格は、持ち株会社の日本郵政が1400円。ゆうちょ銀行が1450円、かんぽ生命が2200円と決まった。売り出し総額は3社で1兆4362億円。87年のNTT2兆2000億円、98年のNTTドコモ2兆1000億円に次ぐ大きさで、昨年中の新規売り出し総額の9800億円を大幅に上回る。

郵政3社の株式は、これまで政府がすべて保有していた。上場後は政府が日本郵政株の89%を保有。日本郵政は子会社となる金融2社の株式を89%ずつ持つ形となる。政府は今後も2回程度に分けて持ち株を放出、そのうちの4兆円を東日本大震災の復興財源に充てる方針。

証券業界によると、売り出しは国内で8割、海外で2割。国内のうち95%が個人向けとなっている。このため個人投資家が、売り出し価格をどう評価するか。これによって、最初の相場が形成されることになる。事前の申し込み状況から判断すると、評判はかなり高いという。というのも、財務省の意向によって売り出し価格が低めに抑えられたからだ。

たとえばPBR(株価純資産倍率)でみると、日本郵政は0.41倍。ゆうちょ銀行は0.47倍、かんぽ生命は0.67倍と計算される。東証1部の平均1.3倍に比べると、かなり低い。また配当利回りも、それぞれ3.3%、3.4%、2.5%で、東証1部平均の1.85%を大幅に上回っている。こうした数値からみると、3社の公開値は割安と言えそうだ。しかし、もう少し長い目でみると・・・。

                                (続きは明日)

      ≪28日の日経平均 = 上げ +125.98円≫

      ≪29日の日経平均は? 予想 = 上げ


                 ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.