FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2007-08-27-Mon  CATEGORY: 政治・経済
月末はいつも経済指標の発表ラッシュ。まずアメリカでは27日に7月の中古住宅販売件数、30日に4-6月期のGDP(国内総生産)改定値。31日には7月の家計支出、それにバーナンキFRB(連邦準備理事会)議長の講演が予定されている。このうち特に注目されるのは中古住宅販売と家計支出だが、7月は住宅ローン焦げ付き問題の初期段階だったから、まだ大きな影響は現れていないだろう。

要するに、住宅ローン問題がアメリカの実体経済にどこまで悪影響を及ぼすか。この程度を判断するのには、8月の経済指標を見る必要がある。あと1か月ほどしないと、それが判らない。この意味では、バーナンキ議長が現在の金融情勢をどう見ているのか。また実体経済への影響をどう予測しているのか。この辺の発言内容を、じっくり解釈することが大切だ。

国内では、31日に7月の雇用統計、家計調査、消費者物価、鉱工業生産、住宅着工が一斉に発表される。4-6月期にかなり鈍化した景気の回復が、持ち直しに転じたのか。物価はプラス傾向に進むのか。すべての指標が、みな重要な意味を持っている。

先週はダウ平均が257ドル、日経平均も975円上げた。今週もこの戻り調子が持続するのかどうか。日経平均は先週に続いて、ダウと円相場の動きに左右される展開となるだろう。

    ≪27日の日経平均は? 予想=上げ

    Please click here ⇒ 人気blogランキングへ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.