FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
溺れた 巨大クジラ
2015-12-04-Fri  CATEGORY: 政治・経済
◇ 3か月で8兆円近い損 = なにしろ話が大きいので、びっくりする。GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が発表した7-9月期の資産運用成績は、なんと7兆8899億円の赤字だった。四半期に出した赤字としては過去最大。あのトヨタ自動車が4-9月期に稼いだ営業利益は1兆6000億円弱。これに比べても、赤字の大きさがいかに凄いか。ただただ感心するばかりだ。

GPIFというのは、厚生年金や国民年金の保険料を管理し、将来の保険金支払いに備えて資金を運用する機構。厚生労働省が監督している。運用成績を上げるため、昨年10月から株式投資の比重を増やすことになった。このとき株式市場は「巨大なクジラが泳いでくる」と、大変な歓迎ぶりをみせている。そのクジラが7-9月期に溺れてしまったわけだ。

理由は言うまでもなく、中国経済の動揺などによって株価が大幅に下落したためである。日経平均は6月末の2万0236円から、9月末には1万7388円に値下がりした。GPIFの決算をみると、国内株式では4兆3154億円、海外株式でも3兆6552億円の損失を出している。投資比率は国内株、海外株とも21%台に乗せていた。

ただしクジラは死んでしまったわけではない。GPIFによると、この大赤字を算入しても、01年度以降からの累積黒字は45兆5000億円もあるという。だから「ちょっと溺れかかっただけ」というわけだ。しかし株式投資には大きなリスクも付きまとう。将来もっと大きな赤字を出して、年金の基礎を揺るがすようなことはないのだろうか。この点については、GPIFの投資をだれが決めているのか。不透明なのが気にかかる。

      ≪3日の日経平均 = 上げ +1.77円≫

      ≪4日の日経平均は? 予想 = 下げ


                     ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.