FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 軽減税率のすべて ⑤
2015-12-05-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ むずかしい“益税”の是正 = 消費税は間接税だから、税を負担する人と納税する人は一致しない。たとえばAさんがスーパーBで、324円の魚を買った。このうち24円が消費税で、Aさんはその分を支払っている。この魚はスーパーBが216円で、納入業者Cから仕入れたもの。スーパーBは消費税の差額である8円を、また納入業者Cは受け取った16円を納税。こうしてAさんが負担した24円は、無事に国庫に入ることになる。

これが消費税の一般的な流れだが、例外として小規模事業者を優遇するための特例措置が2つある。年間の売上高が5000万円以下の事業者が選択できる「簡易課税制度」と、1000万以下の事業者に適用される「事業者免税点制度」だ。このうち簡易課税制度は、あらかじめ定められた“みなし仕入れ率”を売上高に掛けて、仕入れ額を算出してしまう。みなし仕入れ率は実際の仕入れ率より高めに設定されているから、消費税の納入額は低めになることが多い。

簡易課税制度では、消費税の納入がすべて免除される。たとえば前に挙げた例がスーパーではなく売上げ1000万円以下の零細業者だとすると、8円の消費税は納めなくてよいことになる。つまり2つの制度を利用すると、消費税が事業者の手元に残る。これが利益となるので、誰が言い出したのか“益税”という奇妙な名前で呼ばれるようになった。

消費税が10%に引き上げられると、益税は2%分増大する。これでは不公平になりすぎるというので、益税の是正も必要だという議論が高まった。とりわけインボイス(税額票)が導入されないと、益税に脱税が加わる可能性も出てくる。しかし政府・与党の議論の現状をみていると、益税の是正はかなり困難な感じが強い。

                                  (続きは来週サタデー)

      ≪4日の日経平均 = 下げ -435.42円≫

      【今週の日経平均予想 = 2勝3敗】  


                  ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.