FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2015-12-07-Mon  CATEGORY: 政治・経済
◇ 2つの金融政策 = アメリカとヨーロッパの金融政策が、先週の株式市場を揺さぶった。週の前半は、ECB(ヨーロッパ中央銀行)による金融緩和政策の延長決定。16年9月までとしていた量的緩和の期限を、半年延長して17年3月までに改めた。だが市場はこれでは金融緩和の強化にはならないと判定、株価は値下がりしている。

週の後半には、アメリカで11月の雇用統計が発表された。非農業雇用者の増加数が21万1000人と予想を上回ったため、FRBによる12月の金利引き上げは確定的という見方が市場を覆い尽くした。市場は利上げを受け入れ、逆に好調な景気の持続を好感。さらにECBのドラギ総裁が「金融緩和を強化する準備もしている」と追加的に説明したことから、株価は上昇した。

こうした上下動の結果、ダウ平均は先週49ドルの値上がり。日経平均は時差の関係で後半の材料が入らず、379円の値下がりに終わっている。したがって今週の東京市場は、その分を取り戻す動きで始まるだろう。その後も堅調に推移すれば、日経平均は再び2万円台への挑戦を繰り返すことになる。

今週は7日に、10月の景気動向指数。8日に、7-9月期のGDP改定値、10月の貿易統計、11月の景気ウォッチャー調査。9日に、10月の機械受注。10日に、10-12月期の法人企業景気予測調査。アメリカでは11日に、11月の小売り売上高と生産者物価、12月のミシガン大学・消費者信頼感指数。また中国は8日に、11月の貿易統計。9日に、11月の消費者物価と生産者物価。12日に、11月の小売り売上高、鉱工業生産、固定資産投資。EUは8日に、7-9月期のGDP改定値を発表する。

      ≪7日の日経平均は? 予想 = 上げ


                  ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.