FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
その次の利上げは いつ?/ アメリカ (上)
2015-12-08-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ 16日は0.25%引き上げ = アメリカ労働省が発表した11月の雇用統計で、非農業雇用者の増加数が21万1000人になった。これでFRBが15-16日に開くFOMC(公開市場委員会)のあと、政策金利の引き上げを発表することが確定したとみていい。引き上げ幅も0.25%になるだろう。ニューヨーク株式市場も、この利上げをようやく完全に織り込んだ。市場はむしろ「利上げできるほど景気がいい」ことを喜び始めている。

ウォール街では、すでに「その次の利上げはいつか」が話題になっている。FRBのイエレン議長は「引き締めは時間をかけてやる。決して急がない」と何度も表明した。しかし気の早い市場では「来年中にあと2回の利上げがある」とか、「来年末の政策金利は0.75%になるだろう」といった予想まで飛び交っている。

FRBが量的金融緩和の終了を決めたのは、昨年10月のこと。それから1年あまり、市場は常に政策金利の引き上げに脅えてきた。好調な経済指標が発表されると、しばしば株価は下落した。金融引き締めの方を警戒したからである。そんな市場をFRBは幼児をあやすように、じっくりと教育してきた。そして、やっとのことで利上げにたどり着いたように思われる。

こうみてくると、イエレン議長の手綱さばきはなかなか見事だった。このまま行けば、歴史に名を遺す名議長になるかもしれない。だが、これからFRBが直面する問題も決して容易ではない。たとえば来年に入ってアメリカの景気が下降に転じれば、「あの利上げは判断ミスだった」と批判されかねない。新興国からの資金流出が加速して世界経済が変調しても、同様だ。さらに次の利上げをめぐって、再び市場を教育する必要も出てくるだろう。

                                  (続きは明日)

      ≪7日の日経平均 = 上げ +193.67円≫

      ≪8日の日経平均は? 予想 = 下げ


                         ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.