FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
予測しがたい3大要因④ 日本経済は
2016-01-08-Fri  CATEGORY: 政治・経済
◇ 「申騒ぐ」年の予感 = 16年の経済を動かす3つの要因は、アメリカ経済と中国経済と原油価格。その1つのアメリカ経済は、FRBが予定通り3月に再利上げを実施できるようなら心配は要らない。だが新年早々のニューヨーク株価が大幅安を演じたことで、やや不安感がふくらんだことは否めない。仮にきょう発表される12月の雇用統計が予想よりも悪いと、不安感はさらに増大する。

上海市場の株価も、大幅安のすべり出しとなった。こちらも不安感が拭えない。アメリカや中国の状態が悪いと、日本の輸出は伸び悩む。特にアメリカの場合はドル安傾向が強まり、円相場は上昇しやすい。また中国の場合は東南アジア各国の経済が圧迫され、日本のアジア向け輸出が総体的に阻害されやすい。

原油安は全体としてみれば、日本にとってプラス材料だ。しかし価格が30ドルを割り込むようだと、世界経済への悪影響が強まり、日本にとってもマイナス材料になってしまう。またサウジアラビアとイランの紛争が拡大し中東情勢の緊張が高まると、中東産油に大きく依存している日本は困難に直面する。

アメリカ経済、中国経済、原油価格の3大要因が、すべていい方向に展開する可能性もないではない。逆に3つとも悪い方に向かうと、状態は最悪になる。真実はその間に求められるのだろうが、いま測定することは不可能だ。しかも3つの要因は、互いに密接な関連性を持って動く。こんなに見通しの難しい年は珍しい。株式市場に伝わる古い格言「申騒ぐ」が、的中しそうな予感がする。

      ≪7日の日経平均 = 下げ -423.98円≫

      ≪8日の日経平均は? 予想 = 下げ


                     ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.