FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 軽減税率のすべて ⑩
2016-01-09-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ 大幅に増える益税 = 「益税」という奇妙な言葉が定着してしまった。なにしろ「利益になる税金」という意味だから、本来なら理解に苦しむ。この益税は、消費税の登場とともに誕生した。消費者が支払った税金の一部または全部を、事業者が自分の懐に入れてもいいという制度である。そもそもは零細な事業者を救済するために作られた制度だが、適用の範囲がずいぶんと広がってきてしまった。

現在の法律では、年間売り上げが1000万円以下の零細業者は消費税の納入を免除される。たとえば500円で仕入れた商品を1000円で売った場合、本来ならば客から受け取った消費税80円から仕入れ時に払った消費税40円を差し引いた40円を納税しなければならない。しかし免税措置によって、この40円は零細業者の利益となるわけだ。

次に年間売り上げが5000万円以下の業者については、簡易課税制度が適用される。これは業種によって政府が仕入れ率を決めておき、業者は実際の仕入れ額とは関係のないこの仕入れ率を使って、消費税額を計算する。政府が決めた仕入れ率は高めに設定されているから、業者はその分だけ納税額を少なくすることができる。

消費税を納めた企業や自営業者は、13年度で約300万。そのうち約120万社が簡易課税制度を利用している。会計検査院の調査によると、益税の恩恵を受けたのは約8割にのぼった。これに免税業者の分を加えると、益税の総額は5000億円に達すると推計されている。17年4月に消費税が10%に引き上げられると、こうした益税はさらに規模が拡大することになるだろう。

                               (続きは来週サタデー)

      ≪8日の日経平均 = 下げ -69.38円≫

      【今週の日経平均予想 = 3勝2敗】    


                     ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.