FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2016-01-18-Mon  CATEGORY: 政治・経済
◇ 年初来1887円の下げ = 世界的な株価の下落が止まらない。日経平均は先週551円の値下がり。13日には反発したが、年明け以降この日を除いてすべて下落。この2週間で1887円も下げている。ダウ平均も週間358ドルの値下がり。こちらも新年に入ってから1400ドル以上の下落となった。上海総合株価も週末には2901まで下げている。まさに世界同時株安の様相だ。

東京市場にとっては円相場の反転、ニューヨーク市場にとっては原油安。また上海市場は中国経済の先行き不安感と、それぞれに大きな悪材料を抱え込んでいる。そのうえに互いの株安が影響し合って、リスク回避の動きが連鎖する状況を作り出してしまった。この間、どの国の当局者も声を潜めている。市場の自律反発を待つしかないと考えているのだろうか。

株価がここまで下がると、実体経済にも影響が出始める。日本とアメリカでは10-12月期の決算発表が始まるが、こんな状況では経営者の先行き見通しも慎重にならざるをえない。それがまた株価に悪い影響を及ぼす。各国の政府・中央銀行が動かないとなると、市場も株価の自律反転を待つしかない。

今週は18日に、11月の第3次産業活動指数。19日に、12月の訪日外国人旅行客数。21日に、11月の全産業活動指数。アメリカでは19日に、12月の消費者物価と住宅着工戸数、1月のNAHB住宅市場指数。22日に、12月の中古住宅販売とカンファレンス・ボード景気先行指数、1月の製造業PMI。また中国は18日に、主要70都市の住宅価格。19日に、10-12月期のGDP速報、12月の鉱工業生産、小売り売上高、固定資産投資を発表する。

      ≪18日の日経平均は? 予想 = 下げ


                     ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.