FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2016-01-25-Mon  CATEGORY: 政治・経済
◇ 大揺れの株式市場 = 先週の東京市場は、文字通り“申騒ぐ”乱高下を演じた。大幅な下げが続いて年初来の下落幅が3000円を超えたあと、金曜日には941円の上昇となった。それでも前半の下げがきつく、日経平均は週間189円の値下がり。一方、ダウ平均も上下はしたが、週間では105ドルの値上がりだった。

金曜日に大きく揺り戻した原因は3つ。まず株価が1万6000円まで下がったことで、下値拾いの買いが入りやすかった。次に原油の国際価格がやや反発に転じた。そこへECB(ヨーロッパ中央銀行)のドラギ総裁が記者会見で「3月の理事会で金融政策のスタンスを見直す」と発言したこと。特にドラギ発言の効果は大きかった。全く同じ条件だったにもかかわらず、日銀はこのチャンスを逃してしまったことになる。

さて、ここから株価は上昇局面に入るのだろうか。金曜日の900円を超す値上がり幅は、昨年9月9日の1343円高に次ぐ大きさだった。そのときは、その後の3週間下げている。必ずしも同じ形になるとは限らないが、今週はやはり反動で下げる可能性は小さくない。ただし日経平均は、1万6000円が下値であることは確認されただろう。

今週は25日に、12月の貿易統計。26日に、12月の企業向けサービス価格。29日に、12月の鉱工業生産、労働力調査、家計調査、消費者物価。アメリカでは26日に、11月のFHFAとSPケースシラーの住宅価格、1月のカンファレンス・ボード消費者信頼感指数。27日に、12月の新築住宅販売。28日に、12月の中古住宅販売。29日に、10-12月期のGDP速報が発表される。

      ≪25日の日経平均は? 予想 = 上げ


                     ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.