FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2016-02-15-Mon  CATEGORY: 政治・経済
◇ リーマン以来の大幅な円高・株安 = 日経平均は先週1867円の大幅な値下がり。1年4か月ぶりに1万5000円を割り込んだ。主たる原因は、円相場が大きく円高に振れたこと。対ドル相場は、この10日間で10円も上がって110円台を付けている。円相場が10日間で10円上昇し、株価が一週間で1800円以上も下げたのは、ともにリーマン・ショック直後の08年10月以来のことである。

円相場を急騰させた最大の原因は、イエレンFRB議長の議会での証言。「金融市場の動揺がアメリカ経済に悪影響を与えるかもしれない」「経済が下振れすれば、利上げペースも減速するのが適当だ」と述べた。彼女の真意は後半の部分にあったのかもしれないが、市場は前半を重視。アメリカ経済の先行き不安感からドルが急落、円が上昇した。

ただドル安は、いまのアメリカ経済にとっては大きなプラス要因。また原油価格に持ち直しの気運も出て、ダウ平均は先週231ドルの値下がりにとどまった。しかしアメリカの景気は、明らかに勢いをなくしている。今後の動きには要注意だ。それにしても日本をはじめ主要国の政府・中央銀行は、だんまりを決め込んでいる。財政も金融も、打つ手がなくなったのだろうか。市場はこの点も心配し始めた。

今週は15日に、10-12月期のGDP速報、12月の第3次産業活動指数。17日に、12月の機械受注と1月の訪日外国人客数。18日に、1月の貿易統計。19日に、12月の全産業活動指数。アメリカでは16日に、NAHB住宅価格。17日に、1月の工業生産、生産者物価、住宅着工。18日に、1月のカンファレンス・ボード景気先行指数。19日に、1月の消費者物価。また中国が15日に、1月の貿易統計。18日に、1月の消費者物価と生産者物価を発表する。

       ≪15日の日経平均は? 予想 = 上げ

                 
                  ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
      

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.