FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 電力自由化 よーいドン ④
2016-03-26-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ 切り札はセット販売 = 最新鋭の火力発電所でも持っていない限り、大多数の新電力会社は、供給コストの点で大手の旧電力会社に敵わない。そのハンデを埋める切り札となっているのが、いわいるセット販売だ。本業の商品と電気をセットにして売り、どちらかを割り引いたり、何らかの特典を付けるという商法だ。具体的な例をいくつか挙げてみよう。

東京ガスは自前で160万㌔㍗の火力発電所を持っている。関東地方に1100万件のお客を結ぶ販売網も確立している。この強みを活かして、ガスと電気をセット割引販売。標準家庭で年間の電気代が、東京電力より4-5%安くなると宣伝している。JXエネルギーも163万㌔㍗の発電所を保有。大口契約の世帯なら、東電より14%安い電気を供給するほか、ガソリン代の値引きも併用する。

またKDDIなどの通信会社は、携帯電話料金とのセット割り引き。ジュピターテレコムは、テレビ受信料やインターネット料金とのセット。東急電鉄はCATV料金とセットするほか、定期乗車券の割り引き、同系列のスーパーで使えるポイントも提供する。このようにセット販売の内容は千差万別。いろいろなパッケージ商品が出現する。

セット販売に乗り出す新電力のソロバン勘定は、大きく分けて2通り。電気料金は安めに設定し、本業の商売を広げようとするタイプと、電気は高めだが本業の商品を割り引くタイプ。たとえば同じ石油元売りでも、東燃ゼネラルは電気料金を低めに設定、その代わり付随サービスはなし。これに対して昭和シェル石油は電気代を高めに設定し、ガソリンの割り引きを付けているといった具合。消費者が電力会社を選ぶ際の、一つのポイントである。

                                 (続きは来週サタデー)

      ≪25日の日経平均 = 上げ +110.42円≫

      【今週の日経平均予想 = 2勝2敗】  


               ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.