FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
2月も絶好調 : 外国人客数
2016-03-17-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ 中国と韓国がトップ争い = 観光局は16日、2月の訪日外国人旅行客数を発表した。それによると、旅行客数は189万1400人で、前年2月を36.4%上回った。月間の客数としては、昨年7月に次ぐ2番目の記録。アジア諸国の旧正月、航空路線の拡充、燃料サーチャージの値下がりなどが、大きく貢献した。円高の影響は全くみえず、訪日旅行ブームは衰えをみせていない。

国別では、中国からの旅行客が49万9000人。前年比38.9%の増加で、第1位だった。次いで韓国が49万1000人で第2位。あとは台湾、香港、アメリカと続いている。なかでも韓国は前年比の伸び率が52.6%にも達した。またベトナムからの旅行客数は1万7000人だったが、前年比は85.5%増加と目立っている。

アジア諸国の旧正月は、国によって期間がまちまち。1月末から始まったところも多い。そこで1-2月を通算してみると、客数は韓国が中国を抑えて第1位になる。韓国は100万6000人で、早くも100万人の大台を突破。中国の93万4000人を引き離している。今後も中国と韓国はトップ争いを演じる公算が大きい。

同時に15年の確定値も明らかになった。訪日客の総数は1973万7000人で、前年比47.1%の増加。第1位は中国の499万人、第2位は韓国の400万人、第3位は台湾の368万人となっている。政府が目指した2000万人の誘致はほぼ達成されたから、ことしは思い切って3000万人を目標にしたら欲張りすぎだろうか。

      ≪16日の日経平均 = 下げ -142.62円≫

      ≪17日の日経平均は? 予想 = 上げ


               ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.