FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
流れる!? TPPも 消費増税も 
2016-03-23-Wed  CATEGORY: 政治・経済
◇ 安倍内閣には大きな痛手 = アメリカの大統領選挙をみると、民主党ではクリントン前国務長官、共和党ではトランプ不動産王が他の候補を圧して独走状態に入ってきた。このまま行けば11月には、この2人のうちのどちらかが次期大統領に選ばれることになる。ところが選挙戦を通じて、両氏はともにTPP(環太平洋経済連携協定)には反対の立場を表明した。

クリントン氏は「現状では賛成できない」とやや控え目だが、反対は反対。トランプ氏にいたっては「最悪の協定だ」とクソミソだ。TPPは昨年10月に大筋合意、ことし2月には各国が署名した。だが規定によって、今後2年以内に日米両国の批准がないと発効できない。新大統領が反対に回るアメリカで、議会の批准を獲得できるのか。疑問は大きい。

来年4月に予定される消費税の再引き上げ。安倍首相の姿勢は、かなりぐらついてきたように見受けられる。伊勢志摩サミットを前に開いた勉強会で、ノーベル賞を受けたスティグリッツ教授は「いまは増税の時期ではない」と主張。ほかにも反対論が目立っていた。なぜ反対する人を多く招聘したのか。ここから安倍首相の変化を読み取る見方が、急激に増えている。

安倍首相は「リーマン級の事態が生じない限り、消費税の10%への引き上げは実施する」と言い続けてきた。それが最近は「経済が失速しては元も子もない」と言い方を変えている。いまの景気状態をみても、再増税は困難になってきたようだ。TPPも再増税も流れてしまえば、安倍内閣は2つの重要な目標を喪失することになる。その打撃はきわめて大きい。

      ≪22日の日経平均 = 上げ +323.74円≫

      ≪23日の日経平均は? 予想 = 上げ


             ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.