FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サンデー実験室 = 孫に聞かせる経済の話 (改訂版)
2016-03-27-Sun  CATEGORY: 政治・経済
第9章 財政って、なんだろう? ⑧

◇ 増大する社会保障費 = 日本の財政が大赤字になってしまった原因を、こんどは歳出の面からみてみましょう。16年度の歳出予算案を見ても判るように、社会保障関係費(しゃかいほしょうかんけいひ)と国債費の金額がとても大きくなっています。社会保障関係費は予算全体の33.1%、国債費は24.4%を占めていますから、この2つだけで予算の半分以上を使ってしまうことになります。

1985年度(昭和60年度)予算で、社会保障関係費は9兆6000億円でした。それが03年度(平成15年度)には19兆円に。いま国会で審議されている16年度予算案では31兆9000億円にまで、ふくれ上がっています。この社会保障関係費のなかでも、特に大きいのが年金と医療(いりょう)に対する支出です。

年金というのは、仕事を止めて収入がなくなったお年寄りが安心して生活できるようにするためのおカネ。自分自身や会社もそのおカネを積み立てていますが、それで足りない分を国が予算に組み入れて支出しているのです。また医療費は、病院に支払うおカネの一部を国が出している分です。両方とも高齢化が進んで、支払いが急に増えてきました。

国債費も急速に増えています。85年度には10兆2000億円だったものが、03年度には16兆8000億円。16年度予算案では、ついに23兆6000億円に達してしまいました。この予算案でみると、国債を買ってくれた人に支払う利子の分だけで9兆9000億円です。政府は社会保障関係費や国債費をできるだけ減らそうとしていますが、なかなか減らせないのが実情です。


                                (続きは来週日曜日)

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
 
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.