FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 電力自由化 よーいドン ⑥
2016-04-09-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ カギを握る発送電の分離 = 新電力が家庭や事業所に電気を届けるためには、大手旧電力が所有する送電線を使わなければならない。だから旧電力がその使用を拒否したり、送電の料金を高く設定すると、新電力は営業できないことになる。こんな事態が起きるのを防止するため、政府は昨年夏に電気事業法を改正して、大手電力会社の発電部門と送電部門を切り離すことにした。

具体的には大手10電力会社の送電部門を分離・独立させて新会社を創る。この会社の送電料金は電力取引監視委員会が決定し、大手電力には口出しさせない。同時に新旧電力会社の小売り料金についても、これまでの政府による認可制を廃止することになった。これで電力自由化は完結する。

ところが理由は不明だが、この完結は20年まで先送りされることになった。それまでの間は発送電が分離されないまま、送電料金だけを電力取引監視委員会が決めるという不自然な恰好。その監視委員会はすでに16年度の送電線使用料を決めたが、その内容はかなり大手電力に有利なものとなっている。

と言うのも20年までの間は、まだ送電部門が大手電力の社内に存在する。したがって送電料が高いほど、大手電力の収入は増える。逆に新電力はコストの3-4割を占める送電料が高くなると、電気料金の引き下げが難しく競争力が低下してしまう。電力の自由化で本当に公正な競争が行われて、電気料金が安くなる。その理念が貫けるかどうかのカギが、発送電分離の成否にあると言えるだろう。

                                  (続きは来週サタデー)

      ≪8日の日経平均 = 上げ +71.68円≫

      【今週の日経平均予想 = 2勝3敗】  


            ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.